真剣な人の婚活サイト→ブライダルネット

40代男性の子作り婚活・4ステップ必勝法と注意点を徹底解説

40代男性が婚活する際、結婚子供を求める方は多いと思います。

その際、問題となるのが女性の年齢です。

子供を授かる事が前提の婚活であれば、女性の年齢は若いほうが良いのですが、男性のあなたは既に40代のため、若い女性を惹きつける魅力が充分ではない場合、どのような婚活をすればよいのでしょうか?

またあなたは、できるだけ若い女性ならば「何歳の女性」を惹きつけることが出来るでしょうか?

40代で本格的に婚活をスタートした管理人体験談から、子作り婚活4ステップの必勝法を解説していきます。

一番がダメなら、二番へ。二番がダメなら三番へと、婚活を実践していくと良いでしょう。

男性40代の婚活は、女性の獲得力が30代男性と比較して落ちていることから、マッチングに時間が多く必要なケースが多々あります。

そのため、いつまでも一つの婚活条件にこだわっている
(例:年齢、エリアなど)
と、1年〜2年があっという間に経過してしまい、年齢と共にさらに女性獲得力が落ちていくという、負の連鎖になるのは目に見えています。

婚活するとなったら、1年以内の短期間勝負というつもりで、4つのステップを実践してみて下さい。

smile
結婚したら、子供が欲しいのは自然ですよね。

①35歳までの女性を狙う

①35歳までの女性を狙う

男性40代といっても、40歳と47歳では女性から見た印象が随分違うので一概には言えないのですが、35歳までの女性を狙うことで、子作り婚活ぎりぎりの上限年齢が許容できる女性と出会える、という事が言えます。

男性意見
女性35歳の「初産」を高齢出産と呼ぶことから、35歳をひとつの区切りにしています。
山川さん
40歳は若いですが、47歳は白髪や薄毛になるなど、見た目に変化が。。。

女性を年齢だけで区切って選ぶは心苦しいのですが、婚活に置いては女性側も男性を年収というスペックで足切りしてプロフィール検索しますので、お互い様と言えるでしょう。

恋愛ではなく、なるべく早く結婚相手を見つける活動という意味の婚活において、割り切った考え方や積極的な行動力が必要となるでしょう。

管理人が40代で結婚相談所に入会した際は、女性年齢33歳〜36歳という設定でプロフィールを検索していました。

結果的に結婚を決めた女性は、35歳でした。約10歳年齢差です。

35歳女性と出会っても、結婚するまでの準備期間に1年必要だったとします。実際に出産する頃には37歳〜38歳になっているでしょう。

女性の若い年齢はあくまでも統計上の妊娠する可能性であり、35歳までであれば絶対に妊娠するわけではないので、1歳単位で年齢を区切ってもあまり意味がないと感じています。

・35歳女性とマッチング(あなたの年齢は47歳)
・女性36歳で、結婚(あなたの年齢は48歳)
・すぐに妊娠できたとして、37歳に出産(あなたの年齢は49歳)

男性48歳〜49歳は精子力が若い頃と比較して落ちているため、妊娠力も落ちています。女性がアラフォーということもあり、妊娠力はさらに落ちているでしょう。

注目です!

精子も、卵子も老化します。

男性意見
できれば病院に行って、精子力を測定したほうが良いですね。
全体量(cc)、数(個数)、個体の運動量、直進運動性、奇形率などが分かります。
男性意見
結婚して1年で妊娠できず、2年目に不妊治療するというパターンが多い年代です。

また、35歳までの女性を探していても、マッチングしない場合は36歳や37歳も対象女性として、アプローチまたはお見合いしてみることが必要となります。

女性との年齢差は何歳がベストか?

女性との年齢差は何歳がベストか?

男性は10歳の年の差は、大したことではないと感じる方が多いようですが、女性の側はそうではないようです。

ここでは、2つの指標を元に、年齢差について何歳がベストなのかを考えてみます。

婚活で10歳以上の年齢差は、本当に出会う事ができるのでしょうか?

■結婚相談所の事例→+5歳

結婚相談所での年齢差は、女性視点で+5歳までが許容できるようです。それ以上の年齢差になると、個人差が大きくなり10歳年齢差を受け入れる女性は、少数になります。

■政府統計データ→+1.7歳
政府データによると、2015年次点での婚姻カップルの全国平均年齢差は1.7歳です。

(出典:国立社会保障・人口問題研究所2017年資料
上記2つの年齢差指標からわかることは、10歳以上の年齢差カップルが成立するのは、非常に難しいということです。

山川さん
10歳以上の年齢差って、恋愛しかあり得ないでしょう。

恋愛であれば、10歳年齢差もあり得ることでしょう。しかし、婚活では先に年齢などのスペックありきでプロフィールを選別するため、最初の検索時点で狙った年齢以外は足切りされてしまいます。

しかし、男性側視点では年齢差があったほうが良いため、結論としては5歳〜10歳の年齢差を狙うということが最も良いと判断できるでしょう。

②バツイチ35歳までの女性を狙う

②バツイチ35歳までの女性を狙う

ステップ1の35歳までの女性がマッチング・お見合いしない場合、初婚女性ではなくバツイチ女性で35歳頃の女性を婚活対象として出会いを探すようにすると良いでしょう。

とは言え、婚活市場では約1/3は再婚者のため、多くの再婚者とマッチングする可能性があるという一方、こなしの再婚者は初婚者と需要が変わらないため、マッチングの難易度はそれほど下がらない可能性があります。

しかし、多くの男性が初婚女性を目指してアプローチするため、あなたがバツイチ女性めがけてアプローチすれば、ライバル男性が少ない状態で良いマッチングができる可能性は高いと言えます。

バツイチ女性は、少なくても一度結婚に失敗しているので、結婚に対して慎重になる一方、結婚生活を一度経験しているため経験者としての余裕がありまた、打たれ強さも備えているため、結婚相手としては良いマッチングだと思います。

初婚女性の場合は、自分の理想を押し通そうとする人がいる一方、バツイチ女性は現実の厳しさも知っているため程よいバランスの妥協点を知っているので、より現実的な選択肢を選びます。

つまり、男性にとっては一緒に生活しやすい、と言えるかも知れません。

③35歳までのシングルマザーを狙う

③35歳までのシングルマザーを狙う

ステップ2でも35歳までの女性とマッチグングやお見合い回数が少ない場合は、覚悟を決めてシングルマザー狙いで婚活をするしか無いでしょう。

結婚するなら初婚が良いですし、ダメならバツイチ子なしが良いのは理解できます。子供連れ女性は対象として見られないかも知れませんが、考え方を変えれば良い選択肢に思えてくるかも知れません。

そもそも40代男性は、年収やルックスにより個人差がありますが、年齢だけで見るとマッチングする確率は30代男性と比較して大きく劣ります。

出産できる女性を獲得することが「贅沢」だとすれば、せめて子供が既にいる女性と結婚すれば、子供がいないという心配は不要になります。

男性意見
子連れなら、既に子供がいるため出産可否の心配が無いですよね。

また、子連れ女性であったとしても、あらたに自分の子作りをすれば良いのですから、まずは結婚することを優先させる意味では子連れ女性は最適です。さらに、子連れは男性が敬遠するため、ライバルが少ないのもマッチングしやすい要因となっています。

いつまでも自分の子供にこだわって結婚できないのであれば、シングルマザーと結婚できる方が、人生がより幸せになるのではないでしょうか。

ステップ3では、シングルマザーを結婚対象にすることをおすすめします。

④40代のキレイな女性を狙う

④40代のキレイな女性を狙う

ステップ1〜3を試してみたけど、マッチングもお見合いも少ないまたは無いという場合、子供を諦めて同年代40代の女性と結婚することを考えてみてはどうでしょうか?

半年間1〜3のステップを行って、1回もお見合いやデートがない場合は、このステップ4の選択肢を試してみることをつよくおすすめします。

同年代の女性とお見合いやデートをして、話しをしてみることで、この女性なら結婚したいと思える出会いがあるかも知れません。

管理人の結婚相談所経験から言うと、男女40代同士のマッチングやお見合いは比較的早く成立し、1年未満で成婚退会する事例が多い様に思います。

40代の女性は、男性50代〜60代からのアプローチしか無いため、同年代の男性からのアプローチがあると飛び上がって喜ぶぐらいの感覚です。

男性側が選ぶ立場になれるため、40代のキレイな女性を選ぶ事が可能になります。

最終的に人生で生涯独身で過ごすのか、子供を諦めても生涯のパートナーを得る事ができるのかは、将来大きな違いとなります。

また、40歳〜43歳ぐらいの女性であれば、もしかすると妊娠可能なケースも稀にあります。「もし子供を授かることができればいいな」ぐらいの軽い感じで、子供に希望を持っても良いでしょう。

smile
40代同士の結婚って、素敵だと思います。

子作り婚活4つの注意点

子作り婚活4つの注意点

子供が欲しい婚活で40代男性の場合、まず年齢が若い女性とのマッチングが一苦労になると思いますが、それ以外にも注意点があります。

全部で4つの注意点というか、心構えがありますので順番に解説していきます。ここで言いたいことは、マッチングする若い女性を獲得できたらそれで万事OKではない、ということです。

A.子供がいれば幸せなのか

A.子供がいれば幸せなのか

男はほぼ全員が、結婚後に子供を欲しがるのですが、子供がいれば本当に幸せなのでしょうか?
もちろん、生殖本能で子孫繁栄は大事ですし、日本国のためにも次世代の子供が数多く必要です。

しかし、子育ては大変ですし、デメリットもあります。

・子育ては、手間と膨大な時間を投資する必要がある。

・一人前になるまでに経済的な負担がある。

・子供中心の生活となり、今までの全ての価値観が変わる。

子供は女性が育てるので、男性はちょっとお手伝いをすれば良いという甘い考えでいると、すぐ離婚の機器になりますし、本気で育児にコミットしなければ夫婦で子育てはままなりません。

どんな大変な思いをしても、子供を一人前に育てるという覚悟がなければ、安易に子供がいれば幸せな家庭とはなりません。

B.子供を授かるのか、わからない

B.子供を授かるのか、わからない

40代男性が、仮に20代女性と結婚できたとしても、統計上は心身ともに健康な子供を授かる可能性は、40代女性と比較して高いと言えますが、あくまでも統計上のはなしです。

20代で結婚しても不妊治療に苦しむ女性もいますし、ダウン症などの染色体異常児が生まれる可能性もあります。

また逆に、40代でも閉経していなければ、健康な子供を授かる人もいる訳です。

若い女性と結婚できたからと言って、子供を授かることは100%保証される訳ではない、という意味です。これが注意点の1つ目です。

C.不妊や染色体異常児、その時どうする?

>C.不妊や染色体異常児、その時どうする?

仮に結婚できとして、不妊で妊娠しない場合や、染色体異常児が生まれてきた場合に、その時どうするのかは、しっかりと話し合って決めておく必要があるでしょう。

不妊や染色体異常は、女性だけの原因ではなく男性の側にも、原因があることが分かっています。特に40代となると、精子も老化するため不妊や染色体異常のリスクがアップします。

子供がどうしても欲しいと言うのなら、既に精液検査は済ませているでしょうか?
子供が欲しいのに精液検査さえ行っていない意識の低さだとしたら、本当に子供が欲しいと思っているだけで具体的な行動を一切行っていないとさえ言えるのではないでしょうか。

ちなみに、管理人は婚活前に精液検査を行い、妊娠という観点からは問題ないと知ることができてほっとしたことを覚えています。

D.家事育児を率先して実行できるのか

D.家事育児を率先して実行できるのか

子作り婚活4つ目の注意点は、家事や育児を積極的かつ主体的に実行する心構えがあるのか、ということです。

今の時代、専業主婦になるケースが非常に少なくだからこそ、夫婦間でトラブルが有り改善されないとあきらめると、すぐ離婚してしまいます。
(政府統計データ2017年現在の離婚率は、約35%。)

男性が積極的かつ主体的に家事や育児を、女性と折半するぐらいではないと、40代男性の結婚は難しいと言えるかも知れません。

年収が高くても家事や育児の折半が当然とみられる時代ですから、40代男性で年収400万円〜500万円という低年収では、家事折半が当たり前であり、できなければ離婚というレベルだと考えていたほうが良いでしょう。

もはや、あなたの親の世代とは全く違い時代の価値観があるため、親の模倣で男性が稼ぐだけという時代は既に時代遅れであり、考えを改める必要があるでしょう。

それができなければ、早晩離婚のリスクが待っているだけです。

子作り婚活4つ目の注意点まで、全て終わりました。これぐらいの心構えで結婚しないと、せっかく結婚しても離婚率が高くなるので、意味がないと言えるでしょう。

男性意見
ヨーロッパ的で、男性が育児休暇を取るのが当たり前の世の中になりますよね。

なぜ子供が欲しいと考えているのか?

なぜ子供が欲しいと考えているのか?

そもそもなぜ結婚後に子供が欲しい、と考えているのでしょうか?
以下は、子供が欲しい理由のリストの一部ですが、これ以外にも個々で考えることは沢山あるでしょう。

・自営業などで後継者が欲しい
・子供がいると幸せを感じるから

・子供が好き
・子供がいないと負け組のような気がするから

子供は必ず親の影響を受けています。これを環境遺伝と呼ぶようですが、暗黙知のように、自然と洗脳に近い状態で無意識に頭の中に自分の常識を作り上げています。

ところが、結婚相手は生活背景や親が違うため、全く違う価値観を持っている可能性があり、あなたは世間的に言うと少数派なのかもしれません。

つまり、自分が唯一正しいとは考えず、話し合いを常に欠かさず相手の立場を了解するように努め、素直に受け入れる心構えが大事になるのではないでしょうか。

結婚したから自動的に子供が欲しいと、パブロフの犬のような条件反射で思い込むのではなく、なんで子供が欲しいのか、婚活を通して自分自身を内省し、女性と共有することでお互いの価値観のすり合わせができていくのだと思います。

40代男性の子作り婚活に関するまとめ

40代男性の子作り婚活に関するまとめ

40代男性の婚活は、子供が欲しい結婚のため、若い女性とマッチング・お見合いする必要がありますが、どのようなステップで考えればよいのか、4つのステップを提案し具体的に解説してきました。

①[STEP/1]35歳までの女性を狙う
②[STEP/2]バツイチ35歳までの女性を狙う

③[STEP/3]35歳までのシングルマザーを狙う
④[STEP/4]40代のキレイな女性を狙う

あなたの女性獲得力によって、どのステップで女性を獲得できるのかが決まってくるため、順番に試していただくと良いでしょう。

具体的に言うと、まずは結婚相談所であなた自身の市場価値を、無料相談でしっかり把握することが重要です。

暗闇の中で一生懸命活動しても、得るものがない可能性が高くります。

プロの婚活仲介人に、無料で相談できる機会をしっかりと活かして下さい。

その後、私の経験からネット婚活は外せない婚活方法だと感じています。

なぜなら、私自身47歳のときに結婚相談所を3社同時に利用してもなかなかお見合いがなかったのが、ネット婚活ではわずか3ヶ月で結婚相手と出会う事ができたという事実があるからです。

結婚相談所で無料相談ネット婚活へ登録

婚活に投資できる予算が充分ある場合は、結婚相談所に入会するのが一番結婚への近道になるかも知れませんので、おすすめです。

その場合でも、ネット婚活は月額が安いので同時に2社ほど利用所たほうが良いでしょう。いずれにしても、出会いのルートは複数箇所、用意するべきです。

40代男性は婚活市場で、難易度が高いと言われていますが、結婚できない訳ではありません。

50歳になるとシニア扱いされるため、ますます難易度が高くなります。40代の婚活は、スピーディーになるべく早く相手を見つけることが大事です。

\真剣度No.1婚活サイト/
ブライダルネット