真剣な人の婚活サイト→ブライダルネット

20代婚活が「早すぎではない」5つの充分な理由とは?

20代婚活が「早すぎではない」5つの充分な理由とは?

20歳で結婚願望が強く、恋人を作るよりも結婚のための婚活をスタートさせる方がいますが、決して珍しい存在ではありません。

なぜなら、結婚は早ければ早いほうがメリットが大きいため、恋人と遊んで過ごす楽しい時間を選ぶよりも、充実した人生になる可能性が高くなると言えます。

とは言え、人生は人それぞれの多様性があり、どの人生が良いという事ではありません。あくまでも、婚活市場において20代はメリットが大きいという事です。

では、20代の婚活は早すぎるのでしょうか?それとも、結婚適齢期と言えるのでしょうか?

20代という若い年代での婚活について、早く行動すべき理由を元にまとめてみました。

20代婚活は「早すぎ」ではなく結婚適齢期

20代婚活は「早すぎ」ではなく結婚適齢期

20代婚活は、決して早すぎることはなく、結婚適齢期といえるその理由は、政府の統計情報と、婚活市場における20代の割合で客観的に理解できるでしょう。

特に女性の場合は、婚活市場における価値は、年齢的な若さが大部分を占め、若ければ若いほど有利といえます。

女性は単に年齢だけで判断されることを非常に嫌がりますが、事実なので仕方ありません。

男性意見
男性が年収で条件検索されるのと、同じですね。

①女性の平均婚姻年齢は「29.6歳」政府データより

女性の平均婚姻年齢は「29.6歳」政府データより

出典:厚生労働省:人口動態統計:2019年

人口動態総計を見ると、女性の婚姻年齢で全国平均は29.6歳となっています。
(男性平均は31.2歳)。

そして、自然恋愛の交際の場合は、平均交際期間は約4年として計算していますので、女性は25歳の時に恋人に出会い、29.6歳で結婚するという時間軸となります。

以上のことから、大卒者22歳から社会人になり、24歳~25歳(社会人になってから1年~2年後)には結婚をするべき人と、交際がスタートする計算になります。

つまり、20代の早い時期から結婚の準備がスタートしている、と言えるのではないでしょうか。

これを見ると、20代での婚活は決して早すぎる訳ではなく、結婚適齢期といえるのが分かります。

自然恋愛では交際期間4年で結婚が平均値ですが、婚活では1年~2年で結婚というのが、大多数となります。そう考えると、26歳~27歳には、婚活する必要があると言うことになります。

②圧倒的に「20代女性」が多い婚活サイト/婚活アプリの存在

圧倒的に「20代女性」が多い婚活サイト/婚活アプリの存在

多くの婚活サイト/婚活アプリは、男女ともに30代がメインの年齢層となっています。

しかし、上図の年齢別シェアをみていただくと、女性の場合フェイスブック系のペアーズは圧倒的に20代女性が多く、全体の59%を占めています。

また、大手企業系の婚活サイト/婚活アプリ「ブライダルネット」では、20代女性の割合が飛び抜けて多く、全体の46%を占めています。

これらの事実を見ても分かるように、多くの20代女性は既に婚活をスタートしていて、1年~2年後には恋愛結婚という理想を頭に描いていることでしょう。

20代の婚活が決して早すぎではないことを、再度ご確認できたと思います。また20代男女が婚活する際は、30代や40代という年齢が多いサイトではなく、上記の2つのサイトを利用すべきだということも分かります。

③恋愛経験が少ない人は20代で出会いのチャンスがある

恋愛経験が少ない人は20代で出会いのチャンスがある

恋愛経験が少ない場合は、異性に対してどうしても消極的になりがちで、それゆえに更に出会いがないという悪循環に陥っている場合がほとんどでしょう。

さらに、容姿に自信がないと、異性に声をかけることができない、断られたらどうしようという恐怖や不安も多く持っていることでしょう。

そんな男女こそ、20代という若い年齢で婚活をスタートさせるべきだと思います

なぜならば同年代であることは、お互いに多少のことに目をつむって出会うということが可能であり、30代になると人生経験の豊かさ故に、どうしても「譲歩できない条件」が増えてしまいます。

また後述しますが、20代は肉体的にも若々しく、清潔感にあふれているため、お互いを惹きつけやすい条件が整っています。

だからこそ、恋愛経験が少ない方、容姿に自信がない方は20代という若い内こそ、チャンスと捉え、積極的に婚活することが大事です。

④20代はルックスで異性を惹きつける

20代はルックスで異性を惹きつける

20代の時は分かりませんが、30代になると、身体的に変化がでてきて、加齢が見た目にわかるようになります。

40代になると更に加速し、自分のことながら、その変化に驚くことになります。

以下に示すのが、20代の身体的な特徴と言えます。

・肌:透明感があり、シワがない弾力ある肌、シミがない
・歯:白くて清潔感がある、口臭がない

・体臭:体臭をあまり感じない
・身体:全体的にスリムで、動きが機敏

30代、40代になると20代の特徴がどんどん失われて、清潔感を維持するために、時間とお金と労力を投資する必要があります。

例えば、ダイエットや、歯のホワイトニング、顔のお手入れ、脱毛などです。

20代は多少、容姿が良くないと行っても、生物学的に20代の特徴のような利点があるため、異性を惹きつけやすい年齢です。

自信が無い方は、20代の内に婚活することが必須です。

⑤婚活は「自分磨き」の場にもなる

婚活は「自分磨き」の場にもなる

婚活をスタートさせると、自分磨きの場になるのは、間違いありません。異性の目や婚活市場の厳しさに触れ、自分自身を見直すきっかけになるからです。

例えば、自己評価はそんなに悪くはないと感じている方でも、アプローチしまくって全く返事が来ないなど、客観的に受け入れざるを得ない現実と対面することが多々あります。

相手の責任だと転化しても、現実は変わらず、問題は何も解決しません。

だからこそ、自分ができることにフォーカスすることで、自分の弱さを受け入れたり、もっと自分磨きをすべき箇所を見つけたりと、成長できるのです。

20代は人生経験が少なく若いからこそ、自分磨きという観点からも、積極的に婚活をスタートさせるほうが、メリットが大きいことに気づくでしょう。

20代の結婚相談所選びはオンライン型

20代の結婚相談所選びはデータマッチング型

20代での結婚相談所選びとなると、「オンライン型」の結婚相談所をおすすめします。なぜなら、以下の利点があるからです。

・とにかく料金が圧倒的に安い
・安いのに成婚率が高い

・独身証明100%提出済
・慣れたスマホで簡単に活動できる

オンライン型に対して、積極的にお世話を焼くのが店舗にて対面サービスのある「お見合い仲介型」の結婚相談所です。結婚相談所自体は、30代・40代が多く、20代は全体的な会員シェアで言うと、少数になります。

■ユーザー数の比較

・オンライン結婚相談所「エン婚活エージェント
約3万人
独身証明100%提出
結婚本気度高い
成婚率高い
カウンセラーのサポートあり

・マッチングアプリ「ペアーズ」
約累計1000万人(2021年5月)(累計)
既婚者が紛れ込んでいる可能性
成婚率不明
自力で出会いを獲得

まるっと知っとく!

※累計数とは
退会数や、1ヶ月以上ログインしていない幽霊ユーザー数も全て含む

といっても、料金という大事な要因を入れて考えれば、エン婚活エージェントは月額12,000円の費用が必要です。

片や婚活アプリ/婚活サイトは入会金なしで、毎月4,000円程度ですから、料金面でもネット婚活とは比べ物になりません。

20代の婚活パーティーはスペック不明のリスク

20代の婚活パーティーはスペック不明のリスク

20代女性は、婚活といえば「婚活パーティー」を思い浮かべるほど、パーティー好きな方が多いように思います。しかし、自然恋愛ならば良いですが、婚活は「上方婚」がセオリーであり、スペック重視だからこその婚活です。

上方婚とは、生活がより豊かになるように、年収が高い男性を獲得して、社会的な地位を上方へ移動するためのチャンスが婚活、という意味です。

また、女性の場合は出産・子育てという現実があり、離職や退職で、一時的に経済活動から離れる必要があるのも、なるべく年収の高い男性が必要な要素です。。

そのためには、年収や職業などのスペックが何よりも大事。もちろん、スペックだけが大事なのではありませんが、非常に大事な要因の一つであり、無視できない条件です。

婚活サイト/婚活アプリや、結婚相談所では、ほぼ確定した男女がお互いにスペックを比較検討しながら異性探しができるのが特徴ですが、婚活パーティーはスペック重視ではないため、比較して出会いを求めることができません。

それでは自然恋愛と悪い意味で同じ「運任せ」の出会いとなります。

今後の人生を決定する「婚活」を、「運任せ」にして良いのでしょうか。良いはずがありません。

また、参加条件が甘く実質的にほぼ誰でもできるため、既婚者や遊び目的、など本来の婚活とはかけ離れた目的の人が紛れ込んでいることがあるのは、事実です。

さらに、1回のパーティーでは20人の異性と会うのが精一杯の人数のため、出会いがないと、再度パーティーに参加する必要があります。

こんなことを繰り返しているよりも、婚活サイト/婚活アプリでじっくりとスペック重視と写真から相手を選び、興味ある相手とデータをして恋愛に育てるほうが確実で、早くて確実です。

20代の婚活では、相手のスペックが分からないというのは、婚活の意味が大きく失われ、逆にリスクになるとも言えます。

「子供が欲しい」人生観と婚活

「子供が欲しい」人生観と婚活

男性の場合は、結婚に求めるものは、子供というのは当然でしょう。また、多くの女性も同様だと思います。

しかし、昨今不妊治療をする方の人数が増えていて、妊娠したいのにできない事で苦しむ方が多くいます。

ここでも20代のメリットが活きてきます。

言うまでもなく、女性の卵子は若ければ若いほど、妊娠しやすく健康な子供を産むことができるというは、統計上明らかです。

さらに、最近は男性の精子も加齢することが分かってきて、男性も女性と同様若ければ若いほど、元気な精子で妊娠しやすく、健康な子供を授かる可能性が大きくなります。

つまり、男女ともに若いほうが、子供のことを考えると「妊娠しやすさ」「健康な子供」という観点からメリットが大きいといえます。

そして、子供が育ってきたときに、一緒に遊んであげたり子育てをしたりと体力が必要ですから、パパとママは若いほうが良いですよね。

子供が必須という人生観を持っている場合は、20代のうちに結婚することが非常に重要です。余談ですが、そのために、30代男性、40代男性も、20代女性をターゲットとして、アプローチをしてくるのでしょう。

ネット婚活の「安全性」とおすすめサイト

ネット婚活の「安全性」とおすすめサイト

20代の婚活だとネット婚活の場合は、どのサイトが安全なのか判断ができないということが多々あります。

それは、人性経験が少ない、失敗や騙された経験が少ないゆえに、安全な婚活サイト/婚活アプリの選び方が分からないと言うことに尽きます。

ネットの世界では、ちょっとした情報の漏洩から大きな事件に巻き込まれたり、日常生活に影響するような困ったことになるリスクがあります。

その為、ネット婚活における婚活サイト/婚活アプリ選びには、自ずと慎重にならざるを得ません。そこで、安全なサイトの運営会社や、プライバシーマーク取得のサイト、安全な婚活と出会いなど、詳しくまとめたページがありますので、ご参照下さい。

20代婚活に関するまとめ

20代婚活に関するまとめ

20代ならではの、婚活における市場の需要と、身体的な特徴などを詳しく述べてきました。

繰り返しますが、恋愛経験が少ない男女や、自分の容姿に自信がないなど、異性獲得の力が弱いと思われる人ほど、20代での婚活は威力を発揮します。

現時点では本気の婚活していないので分からないと思いますが、婚活市場において20代というのは、モノスゴイ強力な武器であり、ブランドでになります。

多少、容姿に自信がないくても、20代というだけでモテモテになるのは、体験してみるとすぐに分かります。20代という早い時期に婚活しておいてよかった、と感じるはずです

成婚実績No.1
\オンライン結婚相談所/
エン婚活エージェント

\真剣度No.1婚活サイト/
ブライダルネット