9,800円→無料/〜1月30日・エン婚活

早く結婚したい25歳〜27歳女性必見!メリットが多い20代婚

早く結婚したい25歳〜27歳女性必見!メリットが多い20代婚

早く結婚したい25歳〜27歳女性必見!メリットが多い20代婚

女性25歳〜27歳は結婚適齢期と言われる年齢です。

この年代で、「結婚したい!」と結婚願望が強くなっている人は多いのではないでしょうか。

しかし、本人が結婚したいと願っても、相手がいないことには始まりません。

また、本人が結婚したいと思っていても、本当に結婚するべき年齢なのだろうか、と迷っている人もいるでしょう。

結婚適齢期の25歳〜27歳女性のお悩みに応えるべく、結婚やその前段階の婚活について、20代の結婚・婚活のメリットとデメリット、政府統計上の年齢を用いて、安心して結婚活動へ進めるよう解説していきます。

格安の結婚相談所

25歳、26歳、27歳女性の婚活には、独身証明書100%提出済の「エン婚活エージェント」がおすすめ!

女性29歳:初婚の女性平均年齢(政府統計)

政府統計データを見ると、初婚女性の全国平均は29歳となっています。

25歳〜27歳の女性が、今スグ結婚を決意したとしても、相手男性との日程調整や両家両親の日程調整などを含め、1年後の年齢になるのではないでしょうか。

つまり、25歳の女性は26歳で結婚となるわけです。しかし、政府データを詳しく見ると、交際期間中の男女が結婚へ到達するまでの平均交際期間は4年となっています。

25歳←現在
〜交際期間4年〜
・29歳 結婚

こう考えると、25歳で結婚を考えるのは、全国平均から逆算しても、決して早すぎるわけではない事がわかります。

まるっと知っとく!

万人が交際期間4年という訳ではありませんが、政府データを元に算出した事例。

25歳〜27歳に結婚したいきっかけベスト3

25歳〜27歳に結婚したいきっかけベスト3

25歳~27歳という年齢で、あなたの結婚願望が強いのには理由があります。それは、以下の3つと関係するのではないでしょうか。

・父母の結婚年齢
あなたの親の結婚年齢が、25歳~27歳あるいは近い年齢になっている。子供は親から環境遺伝という形で影響を受けるため、結婚願望が強くなっているのかもしれません。

・親戚や兄弟の結婚年齢
親族が25歳~27歳で結婚し始めると、何となく早く結婚しなくてはならない、と気持ちが焦ってくる原因になるのではないでしょうか。

・友達の結婚年齢
学校自体の友人や、会社での友人関係で、25歳~27歳の結婚年齢が多いと独身を焦ってしまうという心理状態になりやすいです。

そのため、外部環境の影響で結婚願望が強くなっているという可能性もあります。もちろん、良いとか悪いとか言うことではありません。

山川さん
友達の年齢は、影響を受けやすいかも

25歳~27歳の結婚はメリットが多い

25歳~27歳の結婚はメリットが多い

結婚したい25歳~27歳という適齢期の年齢は、実はメリットが多く結婚に際して理にかなっている年齢でもあります。

実際にどのようなメリットがあるのか、大きく3つの要因を解説します。

出産が楽&健康児が生まれる

出産が楽&健康児が生まれる

卵子は加齢により老化することが、分かっています。(加齢に伴う卵子の質の低下:日本生殖医学界

卵子の老化で問題となる点は、次の3つです。

・妊娠率の低下
(妊娠の可能性が下がっていく)

・流産率の増加
(妊娠しても、流産・死産の可能性が増加する)

・染色体異常児の増加
(子供が染色体異常だと、産後に障害の可能性が増える)

このため、卵子自体が若い状態の20代は妊娠して、健康な子供を授かるのに適齢期となっています。

統計上の数字ですから、20代でも不妊治療をしている方もいますし、40代で健康な子供を授かる場合もあります。

総じて言えることは、もし子供を望むのであれば、20代で出産出来ることが母子ともに最適であると言えるでしょう。

smile
出産は早い方が良い、と聞きますよね!

子育ては体力勝負

子育ては体力勝負

前章では出産について述べましたが、無事に出産できても安心できません。

なぜなら、子育ては体力勝負のため、母親が若いほど子育てが有利と言えるからです。

例えば、30代半ばで結婚を決め、30代後半で出産したとすると、子育ての多くの時間は母親の年齢が40代まで続きます。経験しないとわからないのですが、30代、40代と年齢が上がる毎に、疲れやすくなり、疲れが抜けにくくなります。

エネルギーいっぱいの子供を世話しつつ、一緒に遊んだりできる年齢は、母親父親共に若い年齢のほうが対応し易いといえます。30代よりも20代のほうが、体力があり回復力もあるからです。

親の援助を得られる年齢

親の援助を得られる年齢

25歳~27歳の両親の年齢は、50代〜60代となっているでしょう。

例えば、25歳で結婚した親が、26歳であなたを出産した場合、あなたが25歳の時に親は51歳〜52歳です。

この年齢の親はまだまだバリバリ働いている年代で、経済的にも体力的にも余力があります。

そのため、あなたの家庭で子育てや経済面で困ったこと、万が一のことが起こった場合は、肉体的・経済的に援助してもらえる可能性が高いといえます。

親の年齢が60代半ば〜70代になっていると、定年後で年金暮らしをしているでしょうし、経済的にも肉体的にも余力がないため、もしもの場合に援助を期待するのは難しいかもしれません。

結婚したいと思い立った25歳~27歳は、早く行動すればするほど、メリットが大きいことが分かります。

smile
なるほどー!援助を当てにしている訳じゃないけど、もしもの時は、たよりになるー!

25歳〜27歳の結婚のデメリット

前章では、結婚したい年齢25歳~27歳の場合のメリットを中心に解説しましたが、デメリットも同時に見ていく必要があります。

25歳~27歳で結婚することのデメリットとは、どのようなものでしょうか。

遊びたい年齢に自由な時間の喪失

遊びたい年齢に自由な時間の喪失

結婚したいと発意して、25歳~27歳ですぐに結婚するとなると、遊びたい盛りの年齢ですが、家庭生活と家庭の責任を同時に背負うため、自分自身の自由な時間がなくなります。

今までは独り身で好き勝手に仕事や趣味、遊びに時間を使っていましたが、結婚するとそうは行きません。

夫婦の共同生活がありますしまた、子供を授かれば、0歳〜3歳の幼児は目が離せないため、24時間常に付きそう必要があり、自由な時間は確保できません。

同時に子供を授かった喜びと、子育てを通して人生に意味を感じ、やりがいを与えてくれ、幸せを感じることが出来るでしょう。

独紙時代の自由な時間と引き換えに、子育てを通して、親として人間として成長する期間といえるのかも知れません。

smile
全てを同時に手にすることは、できないですよねー

仕事上のキャリア喪失

仕事上のキャリア喪失

結婚したいと思っていても、仕事上のキャリアが不安で結婚を躊躇する人も多いことでしょう。

女性の場合は出産というイベントが有り、肉体的に継続就労が不可能になります。

旦那側の協力が得られれば、キャリア復帰という道もありますが、一定期間出社しないため、能力が高い女性でも、同年代の男性と比較してキャリアも給料も下回ってしまうのが一般的ではないでしょか。

■離婚した場合
離婚を考えて結婚する人はいませんが、万が一離婚となってしまった場合、女性は男性と比較して不利な状況に追い込まれます。

男性は継続就労しているため、キャリアが阻害されることはありません。しかし、女性は出産を機に仕事をしなくなるかまたは、パートタイムなどの時間制限のある仕事になります。

そのため、正社員の福利厚生、通勤手当などを受けることができないでしょう。

仕事の面で言えば、上記のように一旦キャリアが結婚によりリセットされてしまうと、新たに就職を探さなくてはなりません。

山川さん
離婚はリスクとして、考えておく必要がありますよね。

男性は離婚しても、そのまま元の職場で働き続けるため、経済的に自立した生活という意味では男性と比較して女性は振りな立場だと言えます。

経済面で厳しくなる人もいる

前章で解説したように、女性は結婚というインベントで仕事上のキャリアが一旦リセットされてしまうため、万が一離婚となると、ゼロから就職という事になります。

正社員の福利厚生を目指して就職するとなると、不利な点が幾つかあります。

・年齢が30代になっていること
・子育てと仕事を両立する必要が有ること

年齢はあまり不利な条件にならないかもしれませんが、子供がいる場合は、子育てしながら仕事というのは至難です。

子育てを優先すると、働ける時間は短くなるため、収入は独身時代と比較して激減するでしょう。そうなると経済的に自立した生活という意味では、貧困してしまうかもしれません。

この問題を解決するためには、男性側が家事・育児に協力的で、男性でも育児休暇を取得できる環境にある人が良いでしょう。

もはや社会的な構造からして、家事育児は女性が担うものというのは女性ばかりが不利を背負うことになるため、古い考え方となっているのではないでしょうか。

男性選びにおいては、経済的に平均以上の年収で、家事や育児に本当の意味で協力・折半してくれる男性を探すのが良いでしょう。

smile
男性選びが難しく思えてきました。。。

彼氏がいる場合

彼氏がいる場合

結婚したいと思っていても、彼氏に結婚欲がないと話しが前に進みません。あなたの彼氏は、結婚について前向きでしょうか、それとも後ろ向きでしょうか。

もし彼氏が結婚に対して積極的ではない場合、以下のような考え方があることを覚えておくと良いでしょう。

彼氏が結婚に積極的ではない場合

もしあなたの彼氏が結婚に積極的ではない場合、きちんと話し合う時間を確保できているでしょうか。

もし、話し合いの時間が無いのであれば、彼氏に話をして時間を確保してもらいましょう。何度も取り合ってくれないという状況が続くのであれば、残酷なようですが、「あきらめる」という選択肢も必要です。

話し合いの場を避けるというのは、自分たちの将来のこと真剣ではなく、ただ毎日を快楽的に過ごすことに没頭している彼氏、と断定しても良いでしょう。

どんなに好きな彼氏でも、あなたを大切にするつもりがないという意思表示として受け取り、あなたの側から彼氏を見切ってしまうという判断が必要ではないでしょうか。

彼氏が結婚したい場合

もし彼氏が結婚したいと積極的に考える意向がある場合は、話し合いをさらに詳しく具体的に進めれば良いだけです。

その時に重要なのが、「いつまでに」という期限をしっかりと共通認識として、話し合うことです。

そうしないと、気持ちだけが先行し、ダラダラと先延ばしになるとも限りません。

いつまで」の期限が、何度も先送りになるような彼氏であれば、よほど納得のいく理由がない限り、あなたから彼氏を見限る勇気も必要です。

別れる選択肢と覚悟を持つ

あなたは彼氏と結婚したいと考えているのに、彼氏にその気がない(あるいはその気があるのに、行動しない)のであれば、期間を区切ってあなたがどんどん行動する必要があります。

ここで重要なのは、待っていてはダメ、ということです。

「待っている」とは、主導権を相手が持っているというケースのことです。つまり、相手が動くまで、あなたは動きが取れない状態。これは最悪です。

結婚に対しては、女性の方が不利です。なぜなら、若い女性ほど婚活市場で需要があり、30代半ばを過ぎると、婚活市場で急速に需要が落ち込むからです。

彼氏との話し合いの中では、スグに行動しない彼氏であれば、半年〜1年という期間を設けて許容し、約束の期間を過ぎるようであれば、もう彼氏と結婚するとう「淡い夢」を捨てて、結婚相談所へ入会してしまうという、強硬手段が必要です。

運が良ければ、あなたが結婚相談所へ入会したことで、彼氏に結婚本気度を示すことができ、彼氏が結婚に対して積極的な方向へ軌道修正してくれる可能性があるかもしれません。

しかし、女性というのは思考の切り替えが早く、仮に結婚相談所でスペック(年齢や年収)が良く、価値観がマッチする男性と出会うと、彼氏にこだわっていたことが、馬鹿らしく思える可能性もあります。

とにかく、待つのではなく、あなたの側からどんどん行動を起こし、相手の気持ちがどうであれ、自分の人生は自分で切り開くという意気込みが大事でしょう。

相手任せの人生では、相手が期待どおりに動いてくれない場合、「恨みつらみ」「後悔」が残り、後味の悪い出来事になってしまいます。

結婚したいけど彼氏がいない場合

結婚したいけど彼氏がいない場合

25歳~27歳で結婚したいけど、今は彼氏がいない場合、彼氏がいる場合よりも時間がかかる場合があります。

これから相手を見つけるには、かなりのエネルギーが必要だからです。ここでは恋愛経験の有無によって、それぞれ方法が異なりますので、順に解説していきます。

恋愛経験ありの女性はネット婚活へ

あなたが「恋愛経験あり」の場合、ネット婚活の利用が良いでしょう。既に恋愛経験があるため、比較的簡単に異性と慣れ親しむことができると推測できます。

その場合は、異性が多い環境に身をおくことで、すぐに異性との接点が増え、カップルになる確率が高いといえます。

ネット婚活は、婚活サービスの中でもユーザー数が多く、料金も割安のため、気軽にスタート出来るのが特徴です。

また、スマホさえ有れば、スキマ時間でいつでもどこでも婚活できるため、とても便利です。

注意が必要なのは、恋愛と結婚は違うということです。恋愛は男女お互いの接している時間が比較的短いですが、結婚となると24時間×何十年も一緒の共同生活です。

単にかっこいいとか、経済的に魅力というだけでは、共同生活が上手くできません。お互いに努力・協力してこそ、生活が成り立ちます。

では、あなたも相手の男性も、お互いに協力して共同生活をする覚悟があるのでしょうか?
そういう出発点で相手を見ると、恋愛とは違っただ男性を選ぶことになるのかもしれません。

・信用できる、誠実
・優しい

・挨拶ができる
・言葉遣いが丁寧

・約束を守る、時間を守る

上記のような保守的に感じる項目について、きちんとできる人こそが、結婚相手に向いているのではないでしょうか。

恋愛経験無しの女性は結婚相談所が王道

あなたに恋愛経験が無い場合、25歳~27歳という早い時期に結婚したいと思いつくことは、とてもラッキーだといえます。

年齢が若ければ若いほど、見た目が加齢時よりもキレイですし、多少の器量が悪くても婚活において需要があるからです。

つまり、女性の婚活は年齢勝負、となります。30代に突入すると、あきらかに需要が落ちてマッチング率も落ちますから、25歳~27歳という年齢での婚活は、恋愛経験がないあなたにとって有利だと言えます。

また、恋愛経験が無い場合は、ネット婚活よりも結婚相談書のほうが向いているといえます。

なぜなら、結婚相談所ではプロの仲介人が相手との間を取り持ってくれるからです。

ネット婚活の場合は、場所の提供だけで、相手探しは自分で積極的に行う必要があります。

とかく恋愛経験がない場合は、異性に対して消極的なため、ネット婚活を利用しても相手を見つけるのは難しい傾向があります。

もちろん、恋愛経験が無くても、ネット婚活でマイペースで文字のやり取りがご自分にマッチして、婚活しやすいという人も多くいます。

特に、何か趣味を持っている人は、ネット婚活では多くの同じ価値観の異性に出会えるため、挑戦してみるのも良いでしょう。

早く結婚したい場合は、結婚相談所とネット婚活、同時に登録して色々な男性に会ってみると自分の婚活での立ち位置が見えてくるのではないかと思います。

理想の男性にこだわりすぎない

結婚したいと考えている25歳~27歳の女性は、あまり理想の男性像にこだわり過ぎないほうが、結婚へのプロセスも早くなるでしょう。

もちろんスピードだけが大事な要素ではありませんが、自分が相手を選ぶと言うことは、自分は選ばれる立場だということでもあります。

「無い物ねだり」で相手に多くを期待しすぎると、結婚する人を決められずに、ずるずると日にちだけがdすぎて行き、1年〜2年はあっという間に経過します。

自分の人生や結婚生活で大事な点を、1つまたは2つぐらいに止め、あとは来るもの拒まずという姿勢で、とりあえず男性に会ってみることが大事です。

彼氏がいる場合は、行動するだけですね。相手の出方を伺うのではなく、自ら積極的に結婚の話をして、彼氏を行動させるように仕向けましょう。

結婚したい25歳〜27歳女性に関するまとめ

結婚したい25歳〜27歳女性に関するまとめ

結婚したいと思い立った年齢が25歳~27歳なのか、25歳~27歳で結婚したいと思っている女性なのかで、物の考え方は変わってくるでしょう。

しかし、今まで解説してきたように、25歳~27歳という早い時期での結婚を考えることは、大きなメリットが有り、人生の早いうちに将来の基盤を作れることは、とても大事です。

なんでも早ければ良いということではありませ。あなたには、あなたにマッチしたタイミングがあります。このページに書かれているメリット・デメリットを読んで頂いて、「結婚したい」という気持ちが、今後どのように行動につなげていくのかの参考にしていただければ幸いです。

もし、彼氏がいないケースであれば、婚活は早ければ早いほど良いのは、現実として間違いありません。

まるっと知っとく!

婚活期間3ヶ月〜6ヶ月で結婚相手を見つけるなら、「ブライダルネット」がおすすめです。

>>ブライダルネット詳細情報へ

登録料無料キャンペーン
9,800円→無料

オンライン結婚相談所「エン婚活エージェント」
12月21日〜2021年1月30日まで
エン婚活エージェント