真剣に結婚を考えている人の情報:婚活ランクコム

ペアーズ女性から積極的いいね・2週間で男性50人とマッチングできた方法

ペアーズ女性から積極的いいね・2週間で男性50人とマッチングできた方法

かおり
女性がアクション起こせば、マッチングは早いです。
執筆者:大阪在住/35歳の看護師・カオリ

自分(女性側)からどんどん「いいね!」するほうが、手っ取り早い!

ペアーズでは相手のプロフィールを見て
「この人いいな!」と思う人に対し『いいね!』を使ってアプローチします。

いいね』とはあなたに興味を持っていますよ、と伝えることだと思ってください。

誰かから『いいね!』されると通知が来ますので、自分の存在を知ってもらうためには大切なアクションになります。

・あなたが気に入って『いいね!』した男性が『いいね!』を返してくれた場合

・男性から『いいね!』され、あなたが『いいね!』を返した場合

お互いに『いいね!』をしたら『マッチング』という、
メッセージのやりとりが可能になる状態へ進展します。

メッセージをしなければお相手と出会うことはできないので、
まずはマッチング成立しなければいけません。

ここでひとつ注意しなければいけないのは、自分から『いいね!』ができるのは月に30人まで、ということ。

それ以上は無料会員の女性は翌月になるまで自分からの『いいね!』ができない状態になります。
(オプションで『いいね!』数を増やすことは可能です)

しかし、30人しかアプローチできないなんで…。
と、がっかりしないでください。

自分から『いいね!』できるのが30人なだけで、
相手から『いいね!』された場合、
『いいね!』し返すことに関してカウントは減りません!

山川さん
相手から「いいね」をもらうには、写真が重要ですよね。

また毎朝4人、
その日に相性のいい男性をペアーズからランダムで紹介される、
という機能があります。

そこで『いいね!』するのもカウントは減らない、
というシステムになっているんです。

さて、ここで本題となってくるのは、女性から積極的に『いいね!』していいものか、ということ。

私の場合、上記のシステムをフル活用し、自分がいいなと思った人にはどんどん『いいね!』しました。

また『いいね!』された場合は、
相手がNGの場合を除いてがんがん『いいね!』しまくりました。

おまけに、毎朝ランダムで紹介される4人もばしばし『いいね!』しまくりでした!

山川さん
婚活では積極性が大事です。

こうして、2週間で50人ほどの男性とマッチングできたんです。

マッチングすると、どれくらいの割合でメッセージができるの?

マッチングすると、どれくらいの割合でメッセージができるの?

お互いに『いいね!』し、
メッセージをやり取りできる関係になるのが『マッチング』と呼びます。

50人の方とマッチングした私が
メッセージをやり取りしたのは、たった10人程度。
(ここでは1往復以上メッセージを送り合った方とします)

割合で言うなら、5人に1人の割合です。

お相手からメッセージが始まることもありましたし、こちらからメッセージをすることもありました。
が、なかなか続かない…!

私自身、できる限り『いいね!』し、
マッチングすることまでは頑張っていましたが、
メッセージのやり取りになると途端に『めんどくさい感』が出てしまっていました。

なぜなら、『この人と、どの切り口でやり取りしよう…。
と悩んでしまったから。

プロフィールが充実している方は、
会話のネタがその中にたくさんある
のでメッセージしやすいけど、
その逆だとなかなか糸口が見つけにくかった、というのが敗因でした。

山川さん
「いいね」してくれる側を考えると、プロフィールの充実度は重要です。

出会いに対する熱意が足りなかった、
と言われてしまえばそれまでです。

もう少し女性側から積極的にメッセージしたら、返信率はもっと良くなっていたかも?

メッセージのやり取りLINEを使うと便利♪

メッセージのやり取りLINEを使うと便利♪

マッチング後、メッセージをやり取りした10人の方のうち、4人の方はLINEへ移行しやり取りをしました

私の性分として、
メッセージのやり取りをするたびに、ペアーズアプリを開けるのがめんどくさい』、
という、なんともずぼらな理由が潜んでいたのも事実。

この4人は全てお相手の意向でLINEにしたい、と告げられたんですね。

この4人の男性も、同じ感覚の持ち主だったのかもしれません。

え、そんなに簡単にLINEに移行していいの?
怖くないの?
と思う女性もいるかと思います。

ペアーズのサイトを通したやり取りは、
安全・安心という以下のメリットがあります。
でも、私にとっては面倒。

① 自分のプライバシーが守られる
② トラブルがあれば相手をブロックすればシャットアウトすることができる

この2点は大きいですよね。

いくらめんどくさがりの私といえど、安全対策は少し気を付けていました。

相手の方が、ストーカーしない保証はゼロではありません。

とはいえ、LINEでやり取りをすると、スタンプが使えたり、相手とやり取りするにはLINEを開くだけ!
という魅力があるものまた事実。

そこで、LINEにしない?
とお相手が言ってきたときの必殺技がコレ。

「いいよ!じゃあ、あなたのID教えてくれる?
つまり、自分のIDは教えず、相手のIDを入手する!
という方法。

もし相手と連絡を取りたくない、
関係を終わらせたい、シャットアウトしたい!

という状況になったとしても、
ペアーズとLINEで相手をブロックし、削除しちゃえばいいんです。

smile
なるほどー!
自分からは教えず、相手の情報を引き出せばよいのかー

LINEーIDを教えるのは自己責任

LINEは一度ブロックすれば相手からメッセージがくることはありませんが、IDを知られていると再検索をかけることはできますよね。

例え、自分のところにメッセージは届かないとしても、
シャットアウトしたいと思った相手がどこかで自分のIDを検索していたら…。

と考えるとかなりすっきりしないので、
ほんのちょっとしたことだけど、
この方法を徹底していました。

また、LINEではニックネームにしておくこと
ペアーズの相手にはタイムラインを公開しないように設定することも大切です。

メッセージのやり取りをするためにペアーズを通さないのであれば、
そこで起こってくるトラブルは自己責任
となります。

そのことをきちんと意識して、
やり取りの方法を選んでください。

かおり
LINEを教えるまでに、信頼関係を作るのが良いです。
執筆者:大阪在住/35歳の看護師・カオリ
成婚実績No.1
\オンライン結婚相談所/
エン婚活エージェント

\真剣度No.1婚活サイト/
ブライダルネット