真剣な人の婚活サイト→ブライダルネット

婚活デートで2回目・3回目を「勝ち取る方法」と誘い方

婚活デートで2回目・3回目を「勝ち取る方法」と誘い方

婚活アプリ/婚活サイトで出会った女性と、初回のデートは何とか無事に終わったとしましょう。

次の問題は、2回目のデートに来てくれるのか、ということです。

初回デートは緊張しつつも、お互いに探りあい、しどろもどろで話しを進めていたと思います。

2回目となると、ちょっとリラックスした雰囲気で、初回よりも具体的な親密な話しをすることが出来るようになります。

2回目に会ってくれるのであれば、自然と3回目、4回目のデートが見えてきますから、2回目のデートへのお誘いは非常に重要な回となります。

では、2回目のデートは、どのように女性を誘うのが良いのでしょうか?

山川さん
誘う側は、拒否されるのが怖いと感じます。

2回目デートの誘い言葉を決めておく

2回目デートの誘い言葉を決めておく

初回デートは、色々と心配りすることもあり、緊張もあり、次のデートの気の利いた言葉など、スラスラ出てくるわけではありません。

まぁ、そういうのが上手な人もいるでしょうけど、一般的には、事前に言葉を決めておく必要があります。

運営者
管理人はブライダルネットにて、出会うことが多かったです。

気をつけるのは、以下の2点です。

1、スマートにサラリと、女性に好意を持っている言を伝える。

2、また会いたい、とはっきりお誘いする。

当たり前のことですが、すごく大事です。

男性意見
順番に詳しく解説します。
まるっと知っとく!

好意を伝えることが大事

1、女性に好意を伝える

1、女性に好意を伝える

好意を伝えると言っても、あまり下手に出て、卑屈に好意を持っていることを伝えるのは、よくありません。

あくまでも対等の立場でしかも、サラリと当たり前のごとく、好意を伝えるのが良いでしょう。

例えば、
今日はすごく楽しかったです。
◯◯◯についての話しが、すごく面白かった

などと、相手の存在を肯定する言葉を混ぜると良いでしょう。

ここで、「あなたのことが好きです」とか、いきなり重たいこと言うと、女性はドン引きになります。

好き」と言う言葉は、絶対に言ってはダメ。

男性意見
「好き」という言葉が、軽く感じてしまうからです。

「楽しかった」「面白かった」という、肯定感を伝えるだけで充分です。

山川さん
いきなり「好きです」は、ドン引きになります。
男性意見
初回のデートで、いきなり好きという言葉は、あまりにも唐突過ぎるのでしょうね。だって、初めて会った人に、好きかどうかの判断なんて出来ないでしょう?

2、次のお誘い。また会いたい。

2、次のお誘い。また会いたい。

2回目のデートのお誘いは、はっきりと短く伝えます。

例えば、こんな感じです。

「今日はすごく楽しかったです。また◯◯さんと、お話したいので、もう一度会うチャンスをいただけませんか?

できれば、今後どのように「二人の間」を考えているのか、伝えることができればベストですね。

管理人の場合は、このように3つの気持ちを伝えました。

①楽しかったので、もう一度会うチャンスが欲しい。

②デート3回会ってみて、交際するのか判断してくれると、うれしい。

③交際OKならば、3ヶ月間、結婚を前提にお付き合いしてみましょう。

この先のことをどのように考えているのか伝えると、女性は安心するようです。

ただし、女性がこちらに好意を持っているだろう、っと思われるときのみ、先々のことを伝えてもOKです。

婚活ランク.com
また会いたい、と言われてたら、嬉しいですよね。

全く女性の反応が読み取れない時は、あまり先走ってしまうのは、2回目のチャンスを失いかねません。

その際は、多くを語らず、2回目のお誘いだけでとどめておくのが、良いでしょう。

また2回目デートの返事はできれば2日~3日中に欲しい、とちゃんと期限を区切ってお誘いしましょう。

いつまでも返事を待っていてイライラする事になるのは、精神的に良くないですよね。

返事の期限を区切ることで、もし期限内に返事がない場合、あなたから催促する事が可能になります。

たぶん、返事がない時点で2回目デートNGだとは思いますが。

とにかく焦らず、がっつかず、スマートにサラリと好意を伝え、次のデートへのお誘いをするのがグッドです。

男性意見
一人に固執せず、ダメなら次の人を見つけよう、という軽いノリでOKです。なぜならば、一人の気になる異性に固執すると、拒否された時の挫折感で立ち直れなくなります。

2回目は、どのようなデート設定が良い?

2回目は、どのようなデート設定が良い?

初回デートは、2時間程度の顔合わせですから、2回目デートは1日がっつりと一緒に過ごす、というようなデートコースを選び事になるでしょう。

女性の側がどこか行きたいところを提案すると、男性はデートコース設定の負担が軽減されるので、心理的に楽になります。

女性は自分の意見をしっかりと男性に伝え、多少わがままに振る舞うぐらいで、ちょうどよいしょう。

あくまで意見を伝えるだけで、実際にどういうデートにするのかは、二人の間ですり合わせれば良い訳です。

2回目の時点、映画館は会話ができないのでNGになりますが、ディズニーなどのエンターテイメント系商業施設なのか、エリアを決めて散策するのか、美術館まわりなど落ち着いたデートにするのかは、相手の価値観を聞きながら決めれば良いことです。

男性意見
デート場所により、服装や靴選びが変わってくるため、事前にデート場所をすり合わせするのは、相手の信頼や安心を得る上で非常に大切です。

またドライブに関してはまだ2回目ということもあり、女性の立場からすると、よく知らない男性と長時間密室で過ごすのは、抵抗があります。

女性の側がドライブを提案してきたのならOKですが、男性側からドライブ提案はNGと考えたほうが良さそうです。

とは言え、地方だと車での移動がメインになるため、わざわざ不便な公共交通機関を利用するデートにする必要はなく、どうしても必要場合は、車の移動も仕方ありません。

1日一緒に過ごすのでしっかりと予定を立て、事前準備や情報収集をしておかないと時間余りや「どこへ行こうか?
と優柔不断でかっこ悪い姿をさらけ出すことになるので、男性は要注意です。

そして時間は、夕方まで一緒に過ごし、夕食は食べないという時間で切り上げるのが良いでしょう。ちょっと足りないぐらいのほうが、次の第三回デートへつながり易くなります

山川さん
時間が余る、退屈なダラダラ感は、いやだなー。

服装はカジュアルが主体でOK

服装はカジュアルが主体でOK

初回デートは、相手に自分を印象づける意味もあり、あまりカジュアルな洋服は割けたほうが良いですが、二回目デートともなれば、1日一緒に過ごすことですし、動きやすさを考慮してカジュアル系でOKです。

女性の場合、かわいい自分を見せたいために丈の短いスタートでがんばるのも分かりますが、まだ二回しか会ったことのない男性と一緒です。変に刺激するのは避け、できればパンツ姿でデートに臨みたいものです。

実際に付き合うことになれば、その先いくらでかわいいスカート姿をお披露目する機会はやってきます。婚活サイト/婚活アプリの出会いは、結婚相談所のお見合い・交際と違い、第三者が間に存在しないため、自己責任でしっかりと自分を守ることが必要です。

山川さん
服装で、変に男性を刺激しないって、大事です。

最初、露出度は少なめで。

言葉遣いは、丁寧語で優しく会話

言葉遣いは、丁寧語で優しく会話

デート二回目は、まだ出会って間もない初対面と同じようなもの。男女ともに、相手に対して丁寧語で会話をするのが良いでしょう。

と言っても、あまり堅すぎては冷たい感じがしますので、全てが丁寧語という訳ではなく、多少言葉を崩しながらも、基本形は丁寧語が良いでしょう。

あくまでも優しさと思いやりを保ちつつ、相手に失礼がないように接することが大事です。

このあたりの感覚は、社会人経験が多い30代だと違和感がないでしょうが、若い20代だとわざわざ丁寧語を話すのは面倒と感じるかもしれません。

しかし、お互いに信頼関係が構築されるまでは、あくまで他人なので、言葉遣いは丁寧にするのが基本でしょう。親密な間を演出したいがために、言葉を崩すという考え方もありますが、もっと後になってからにしましょう。

smile
言葉が丁寧だと、誠実な人という印象になります。

支払いは基本的に男性が全てを支払う

支払いは基本的に男性が全てを支払う

デートの支払いをどうするのかは、とてもデリケートで、二人のルールが確率するまでは手探りになるでしょう。

私の考え方ですが、支払いは全て男性が行うもの、という価値観でいますから女性が支払うことはあり得ないと思っています。

とは言え、女性側からすると全て男性に支払ってもらうのは、借りを作ったようで気持ちが悪い、という方もいます。その場合は、女側から積極的に支払いを申し出ると良いでしょう。

男性は変なプライドがあり、支払いを全て行うという方が多いと思います。

そんな時女性は、自分が支払うあるいは、ワリカンにするという断固とした態度で、男性に申し出ることで受け入れてもらえるでしょう。

ある程度強く支払う旨申し出ないと、男性は女性が支払う申し出を断ることが多いです。

まるっと知っとく!

男性が全額支払うのが、スマートです。

第3回デートへの誘い方

第三回デートへの誘い方

2回目のデート後半でも良いですし、デートが終了してからでも良いですが、男性の側から第三回目のデートへ誘う必要があります。女性は待っていることが多いので、女性の側からアクションがあることは期待しない法が良いでしょう。

とは言え、女性の側から3回目のデートに誘うのも「あり」です。

3回目デートの重要ポイントは「交際」を決める事になります。
つまり、付き合うのかどうか、告白するという事です。

私の場合は、初回のデートで3回のデートを最初からお願いしていました。

可能であれば、3回のデートにお付き合い下さい。その後、もしよければ交際することを考えてもらえませんか?
という具合です。

もちろん、私の側も3回のデートを通して、交際したいかどうかの判断をする、という意味です。事前にこのように相手に伝えておくと、3回目のデートを誘う心理的プレッシャーは、非常に軽くなります。

三回目デートのお誘いは、付き合う前提で誘うということを、相手に伝えることが成功のカギです。

三回目でのデートで、お付き合いしてもらえるのか判断してもらいたいので、また会ってもらえますか?
と率直に丁寧に、お誘いすればOKです。

女性の側からすると、男性が「真面目に付き合う意志」があると分かることが、安心感を得られる大きなメリットです。

男性は、とにかく先々どのように考えているのか、自分の気持ちを率直に女性へ伝えると、女性はその場限りの関係ではなく、継続していく関係だという認識で、安心感があります。

次のデートで伝えようと思っていることがあるとしたら、今、前倒しで女性に伝えたほうが、女性を惹きつけるという意味で何倍も効果のある言葉になります。

smile
男性側から、どう考えているのか伝えてくれると、安心します。

3回目デートの設定時間

デートの設定時間は、夕食を一緒に食べるまで伸ばしても良いでしょう。その場合、事前に女性側へ許可をもらう必要があります。

次のデートは、夕食を一緒に食べたいけど、時間は大丈夫ですか?
と、思っていることを率直に伝えればOKです。

この頃になると、お互いにしっかりと意思の疎通が出来る信頼関係が構築されているので、デートコースも楽しみながら二人で考えてると良いです。

デートで手をつなぐのは、まだ早い

デートで手をつなぐのは、まだ早い

女性側から積極的に手をつないでくれば、男性は拒否する必要がありませんが、男性側から手をつなぐのは、まだ早いと心得ましょう。

3回目のデートの終わりで、きちんと「付き合って欲しい」という言葉と同時に、今までの思いやこれからのことを出来る限り女性へ伝えることが重要です。

いわゆる「告白」の儀式として、きちんと伝える場を作ることが、女性を大切な存在として認めている、という証明になります。

男性は照れくさいため、この儀式的な行いを避けがちですが、キチンと行ったほうが良いでしょう。

山川さん
男性側からの、早すぎるスキンシップは、嫌われる原因となります。

女性から付き合いOKの返事がもらえたら、スキンシップを徐々に深めて行くことが可能になります。例えば、デート中に手をつなぐ事も、告白OKの返事があるからこそ、安心してできます。

スキンシップに関しては、このように保守的に考えたほうが、女性に安心感をもってもらう、という意味で大事です。男性としては、ついつい先走って、デートなのだから手をつなごう、と前倒しに考えてしまうのですが、控えておくほうが良いです。

スキンシップは、お互いの関係性において、筋を通してからにしましょう。

婚活デート2回目・3回目のまとめ

婚活の出会いでデートをスタートした時、1回目、2回目、3回目はそれぞれの役割があり、とても重要なことが分かります。

お互いの関係を作るにあたり、スピードが早すぎても負担が掛かりすぎてNGですし、遅すぎてもタイミングを失ってしまい、関係が途切れることになりかねません。

手探りながらも、異性の反応を見ながら適切な速度で関係を作っていくと良いでしょう。

基本はあくまでも、相手を思いやる心が大事であり、心理的な負担にならないように配慮してあげることです。

デート1回目〜3回目、お互いの関係はデリケートで壊れやすい関係です。もし、引き続き関係を続けたいと思うのであれば、丁寧に扱う必要があるのは、言うまでもありません。

このように、デート回数ごとの押さえるべき重要なポイントを知っていれば、婚活サイト/婚活アプリで出会った異性とデートに行った際、心の準備に困ることはないでしょう。

以上のように、デート誘いのテクニックや緊張感・不安を感じたくない、面倒だと言う人も存在するでしょう。

そんな場合は、結婚相談所を利用すると良いと思います。

相談所運営側で設定した順番とルールに沿って、どんどん婚活が前に進むため、心理的には非常に楽に感じることでしょう。

成婚実績No.1
\オンライン結婚相談所/
エン婚活エージェント

\真剣度No.1婚活サイト/
ブライダルネット