真剣な人の婚活サイト→ブライダルネット

30代シングルマザー婚活は40代男性を狙うべき4つの理由

30代シングルマザー婚活は40代男性を狙うべき4つの理由

30代シングルマザーは、婚活するのに市場価値からして厳しく出会いは難しいと思っていたほうが良いでしょう。

子供がいることの是非はさておき、婚活市場では難しいマッチングとなります。

しかし、40代男性を狙うことで比較的マッチングしやすい条件が整う、と言えます。その理由は4つあり、順番に説明していきます。

30代シングルマザーのあなたが、子供の為を思って父親探しをしているのは立派なことですし、経済的な協力を得られる意味でも早く婚活するほうがメリットが大きいと言えます。

早く結婚するためにはなぜ40代男性なのか、具体的にはどのように行動すればよいのかを、このページでたっぷりと解説していきます。

①初婚40代男性との出会いは子連れが強みに

①初婚40代男性との出会いは子連れが強みに

40代の初婚男性は、通常自分の子供が欲しいと考えて出産リミット前の女性との出会いを希望します。

具体的には、30歳~34歳となるでしょう。

そうなると、年齢差10歳の婚活となるため、40代男性は厳しい現実を目の当たりにして、このままでは結婚できないと危惧します。次に彼らが考えるのは、マッチングが比較容易なバツイチ子連れ女性です。

つまり、あなたのことです。

あらたに子作りしようと思うと、女性の年齢が気になりますが、既に子供の存在があるため安心感が大きいと言えます。

もし可能であれば、新たな自分の子供が欲しい、と考えますがまずはあなたの子供の存在が婚活で強みとなります。

子連れの婚活は、相手男性も子連れと考えがちですが、40代男性とのマッチングであれば初婚男性またはバツイチ子なし男性との出会いも可能です。

②40代バツイチ子連れ男性は出会いやすい

②40代バツイチ子連れ男性は出会いやすい

前章では初婚40代男性をターゲットにする場合でしたが、この章では40代バツイチ子連れ男性をターゲットとした場合の出会いやすさについて解説します。

婚活市場において、バツイチ再婚の人数は全体の1/3とかなり多く存在するため、再婚需要は高くバツイチは子供がいない場合は独身と同等の需要だと考えられます。

しかし、子連れの場合の婚活は男女いずれも人数が少なくかつ、マッチングが難しいため、同じ子連れ同士のパートナーを探すのが近道です。

30代子連れ男性は同年代の20代女性を希望することが多く、30代女性のパートナー候補は40代男性というのは前章と変わらずです。

でも、男性も同じ子連れ同士であれば、お互いの子連さえOKならマッチングしやすく、まずは子連れで初デートをしてみましょうという婚活の流れになるでしょう。

30代シングルマザーは、40代のシンパパを狙ってみると良いです。

③40代は年収が高くなるため生活が安定する

③40代は年収が高くなるため生活が安定する

年収という経済面から見ると、30代シングルマザーはより年収の高い40代男性とのマッチングが、良い選択肢になるのではないでしょうか。

転職情報で有名なdudaを見ると、年代別の平均年収は以下のようになっています。

年代 平均年収
20代 346万円
30代 455万円
40代 541万円
50代 661万円

30代と40代の間には、約86万円の年収差があります。

また、年収額だけではなく、年収手取り額や、年収月額を比較することで、実際の生活がどのような水準になるかをイメージできるようになるでしょう。

単月の手取り額だと、約35万円と29万円の差(月額6万円の差)になることがわかります。

  40代 30代
年収 560万円/年 460万円/年
手取り額 420万円/年手取り 350万円/年手取り
月額手取り 35万円/月手取り 29万円/月手取り

④40代男性は子供を受け入れる

④40代男性は子供を受け入れる

20代や30代の男性と違い、40代男性は世間で揉まれて苦労した分、精神的に熟成されているため、受け入れる能力が大きく育っています。

極端な話し、20代の男性と出会いが会ったとしても、事件ニュースにあるように自分の子供でない女性側の子供を排除しようとして虐待することは、よく耳にします。野生の自然界でも、よくあることのようです。

しかし、40代男性となると男性ホルモンのテストステロンが減少していることと関連しているのかもしれませんが、優しさと受け入れる能力が大きく育っている人が多気がしませんか?

そのためシングルマザーの子供に対しても、きちんと育てよう、自分の子供として愛情をもって接しようという子供にとって安心できる父親になる可能性が大きいと言えます。

そのため、子供を受け入れてくれる結婚という意味でも、30代シングルマザーの相手は40代男性が良いという理由になります。

子連れ再婚者が多い婚活サイト/婚活アプリの存在

子連れ再婚者が多い婚活サイト/婚活アプリの存在

日常子連れにとって男性との出会いは非常に難しく、さらに結婚を考える男性となるとさらに難易度が高いと言えるでしょう。

なぜなら、子連れ女性を結婚相手として認めてくれる男性は絶対数が少なく、身の回りで出会うことは稀だからです。

結婚相談所やネット婚活のような、結婚したい人の集団の中でも、子連れのマッチングは子無し婚活に比較して難易度が高いわけですから、日常での出会いはさらに難しいのはうなずけます。

しかしネット婚活の中でも、再婚者やシンママ・シンパパといった子連れを優遇するサービスがあるのをご存知でしょうか?

子連れ再婚者が多く登録しているため、同じ環境の人同士でマッチングしやすいアプリとなっています。

女性は登録無料のため、一度無料登録してみて、男性のプロフィール検索を行ってみると良いでしょう。

気になるパパ候補が見つかればアプローチしてみるとよいですし、見つからなくても、パパ候補からのアプローチを待つだけでも登録しておく価値があることでしょう。

30代シングルマザー婚活に関するまとめ

30代シングルマザー婚活に関するまとめ

30代シングルマザー婚活は、マッチングが難しいと言われていますが、男性年齢を40代にして年の差婚を狙うことで、意外と簡単にマッチングする例も多くあります。

それは、40代男性ならではの婚活に関する苦労があるからに他なりません。

詳しくは既に解説済なので割愛しますが、その他、経済的にも精神の安定面でも、40代男性とマッチングするメリットは数多くあります。

このページでは30代シングルマザーが婚活するにあたり、40代男性を狙うべき4つの理由を解説してきました。

①初婚40代男性との出会いは子連れが強みに
②40代バツイチ子連れ男性は出会いやすい

③40代は年収が高くなるため生活が安定する
④40代男性は子供を受け入れる

30代シングルマザーは、子供のためにも、日常生活の経済的な面でもなるべく早く再婚したい、というのが実情ではないでしょうか。

そのためには、ネット婚活で騙されたりすること無く、安心して利用できるサイトは以下の3つに絞られるでしょう。なるべく早くパパ候補を見つけるために、3つ同時に登録して、出会いのルートを複数確保していただくのがおすすめです。

マリッシュ
シンママ・シンパパ優遇システムで、マッチングしやすいアプリ

ブライダルネット
結婚本気度が高いユーザーが多く、安心して利用できるサイト

ペアーズ
圧倒的に多い会員数のため、シンママでもマッチング相手がすぐに見つかる

\真剣度No.1婚活サイト/
ブライダルネット